Hot Ranking
賃貸住宅の契約と入居までの注意事項

特典付きの賃貸を探してみよう

賃貸住宅の契約と入居までの注意事項
賃貸住宅を借りるときには、家賃だけでなく、色んな費用が派生することを漠然と知ってはいても、これくらいあれば大丈夫だろうと考えていて、その数日前になって、全然足りないと慌てることがあります。必要な経費が準備できなければ、進めてきた契約話が、全てキャンセルになり、次に待っている人に契約をとられてしまうことになります。やっと見つけた人気の物件だったとしたら、空室などすぐにできませんから悔しい思いをすることになります。契約の時には、家賃以外に敷金、礼金、仲介手数料などが必要で、家賃の4〜6ヵ月分の金額を準備すべきというのが、常識です。その上に引越のための費用や電気や電話、ネット関係などの工事も必要です。家具や家電の購入もしているでしょうし、手許のお金がどれくらいなのかをよく見て、ローン計画を立てる必要があれば、それも早めに手続きをしておかなければなりません。

気に入った物件を見つけて仮契約をした際に、すぐに、どれくらい必要かを計算して、資金の準備に取りかかりましょう。仲介している不動産会社が、最初にどれくらいの資金を準備できるかで、物件選択を絞ってくれますし、ローンについての手伝いもしてくれます。資金についての話は、とても重要なことですから、持っている資金の額や自分の経済力について正直に語ってから、物件選びに入りましょう。

イチオシサイト