Hot Ranking
賃貸住宅の契約と入居までの注意事項

賃貸借契約につきものの連帯保証人とは?

賃貸住宅の契約と入居までの注意事項
賃貸契約での連帯保証人は、部屋を借りている人がお金を払わない時に、その請求を連帯保証人にすることが出来る仕組みです。もし、連帯保証人が支払いを拒否したくても、拒否することはできません。仮に拒否をした場合は、裁判を起こされ、支払う必要が出てきます。

仮に、部屋を借りた人がお金を持っていたとしても、支払っていなければ、連帯保証人に支払いを要求することが出来ます。その際、連帯保証人は支払う必要がある全額支払いをする必要があります。一部のみ支払えば良い、ということはありません。また、連帯保証人を2人以上用意した場合でも、支払うべき全額を半分ずつ支払うのではなく、1人に対して全額要求することが出来ます。その際、連帯保証人は、他の人もいるのだから人数で割った額だけ支払う、ということを言っても、その意見は通りません。全額払えと言われたら、払う必要が出るのが賃貸契約での連帯保証人です。

連帯保証人になってもらう場合はもちろん、自らが連帯保証人になる際には、この全てを支払う必要がある、という点をしっかりと把握しておきましょう。この点があるため、保証人より連帯保証人の方が意味合い重いと捉える必要があります。