Hot Ranking
賃貸住宅の契約と入居までの注意事項

賃貸のお気に入りについて

賃貸住宅の契約と入居までの注意事項
定期借家契約の賃貸物件では、最初に契約した時に決められている期間が満了すると自動的に退去しなければなりません。通常の借家契約であれば一般に2年間が契約期間になっていて、その期間が過ぎたら更新の手続をすることで引き続き居住することができます。また普通の借家契約であれば、家主サイドの理由で退去を余儀なくされた場合には引越しのための費用などの点で対応してもらえます。しかし定期借家契約では、そこに住む期間が限定されていて基本的に更新はできないことになっています。

元々定期借家契約は、転勤などの事情で空き家になってしまう一戸建てなどで一定期間に限定して賃貸されたものが主流でした。最近では、アパートやマンションなどでもこの定期借家契約が導入されています。その背景のひとつに、入居期間を限定することで家賃の滞納のリスクを軽減できるということがあげられます。このように、定期借家契約は貸主の都合に合わせたシステムと言えます。そのため、通常の借家契約に比べて礼金や毎月の賃料が低めに設定されている傾向があります。ですから、期間限定の単身赴任や長期出張などの事情と定期借家賃貸の契約期間が一致すれば借りるメリツトが大きいと言えます。

イチオシサイト